Archive for the ‘IP電話’ Category

スマフォをIP電話化

<h2>スマートフォンのIP電話化はスマフォ利用者の救世主?</h2>

最近は通常の携帯電話よりもスマートフォンを持っている人の方が多いと思いますが、スマートフォン利用者にとって一番の悩みは電話料金が高くついてしまうこと。

動画やインターネット閲覧などスマートフォンの機能を十分に楽しむためのやむを得ない出費と割り切るしかないのかもしれませんが、やはり中々そうはいきません。

そんな毎月の電話料金にお悩みのスマートフォン利用者にちょとした耳寄り情報。

実は、手持ちのスマートフォンをIP電話化させることで、通話料金を無料にし、電話料金を節約することが出来るのです。

方法は簡単、手持ちのスマートフォンにIP電話アプリをダウンロードするだけ。それでそのスマートフォンはIP電話化し、通話料金は無料、あるいは大幅に下がるのです。

そもそもIP電話の通話料が無料化できるのは、通話を音声データ化し、インターネット回線内でやり取りをしているため。

アプリによるこのIP電話化は、まさにインターネットを閲覧できるスマートフォンならではの節約術と言えますね。

ただし、この節約術には意外な落とし穴が。

なんと固定回線と異なり、携帯電話回線は電波状況などのバラツキが大きく、混雑具合によって通信速度も変化する。そのため、音声が聞こえにくかったり、遅れて届くこともあるのだそうです。

やはり代用品は代用品。安定した通話が必要な場合は、ちゃんとしたIP電話を使用すべきですね。

スマートフォン

電話機を新しく買うのはいやだ

IP電話を導入しようとした場合、まず気になる問題が、今使っている電話機がIP電話でも使えるかということです。

電話機

IP電話を導入しようにも、電話機が対応していなければ、IP電話を利用することはできませんわね。
かといって、電話をIP電話にするために、わざわざ新しく電話機を買うというのも気が進まないものです。

何せ、IP電話にしようというきっかけは、IP電話のほうが既存の電話よりも電話料金が安くなるという話を聞いたからですよね。
聞いたのではなくても、電話代が安いというテレビのニュースを見た、というのでもいいんですが、とにかく電話代を安くしたいのに、改めて電話機を買うというのは、本末転倒になっちゃいますよね。

で、実際のところ、どうなのかというと、ほとんどの場合で、既に使っている電話機をそのまま使えるんですよ。
もちろん、使えないものはあるんでしょうけど、まずありえませんし、IP電話に使えない電話機はもう古すぎてほっといても買い換える必要があるんではありませんか。

———————————————————————————————————————

おすすめの会社なもんで、せっかくだから、連絡先を載せておきますよ

OA機器販売PRO – OFFICE110
〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院3丁目13-11 サナ・ガリアーノ3F
TEL:0120-595-1100120-595-110
URL:http://oa110.jp/

IP電話って本当にいいの??

 IP電話ってよく耳にしませんか?そう、IP電話とは、インターネット回線を使用して電話が出来るものなんです。いまの時代、インターネット社会。現代のニーズにものすごくあっていますよね?
 しかし、このIP電話って本当にいいものなのか、実際使ってみないと分からないのが、現状ですよね。
 IP電話の導入に迷っている人の参考になるために、意外と見過ごしてしまうようなデメリットを考えていきましょう!
■携帯電話への通話料は格安になりません!
 例えば、会社にある電話は、ビジネスフォンが多いですよね?固定電話に電話することも多いかと思いますが、携帯電話に電話することもすごく多いと思います。
 固定電話への通話ならば、割安な感じのあるIP電話ですが、携帯電話に掛ける場合は、一般加入電話でも割高になるのと同じように、IP電話でも少し高く感じるかもしれません。いまのところ、1分18円前後が多いようです。しかしそれでも、一般加入電話に比べれば安い料金設定だと言えます。
■110番や119番通報が出来ない場合があります!
 IP電話は、使い勝手がいままでと同じなのでつい普通の固定電話として使ってしまいがちですが、緊急電話の110番や119番などにまだかけられない場合がありますので、注意が必要です。しかし、将来的には改善される予定ではあるようです。
■引っ越しした場合
 IP電話は携帯電話のように、各プロバイダによってサービス内容が異なります。したがって、いま契約しているプロバイダを変更してしまえば、番号も変わることになってしまいます。
 ビジネスフォン(ビジネスホン)の電話番号がコロコロ変わるのは会社としてよくないですよね。。。

 IP電話にもメリット・デメリットが存在します。IP電話を導入するかしないかきちんと検討してみて下さいね!

IP電話に電話番号

 最近、IP電話が流行ってきていて、よく耳にしませんか?IP電話を耳にしたことがなくても、インターネット電話と言う単語は耳にしたことがあると思います。IP電話は、インターネット回線を使用して、電話が出来るサービスになっています。
 IP電話の電話番号について今回はお話しをしていきたいと思います。
 ビジネスフォンで、IP電話の導入を検討されている人もいると思いますが、ちょっと注意が必要なんです。。。IP電話の電話番号と、東京都内の場合は、「03」から始まる番号では電話番号を取得することはできません。もちろん大阪に場合も「06」に電話番号を取得することはできません。
 たしかに、IP電話は距離に関係なく、全国一律で3分8円で電話で話すことがでえきるので、通話料は安く済ませることが出来ます。
 IP電話は「050」で始まります。会社のビジネスフォン(ビジネスホン)で使用する場合もインターネット回線で電話をすると「050」番になってしまいます。
 営業の電話の場合、お客さまに電話をするとき当然通知は「050」になります。最近、インターネット電話が流行ってきているとは言え、「050」の番号だと不審に思ってお客さまが電話に出ない可能性も十分に考えられます。その為、会社のビジネスフォン(ビジネスホン)をインターネット回線で電話する、IP電話を導入する場合は、ちょっと注意が必要なんです。
 全国に電話をすることが多い会社にとっては経費を抑えられるIP電話。電話番号の件も含めて検討してみて下さいね。

IP電話のファックスの注意点

ip電話というビジネスフォンも最近は世の中に浸透していますね。仕事用に使うビジネスフォンなので使い勝手や電話料金の面でもメリットを感じる方々が増えてきている証拠でしょう。ip電話は電話なので電話に関してはあまり問題はないとは思いますが、ファックスに関しては注意する点があるようです。そもそもインターネット接続のプロバイダーが行っているサービスなので、固定電話と比較するとやはり回線のクオリティーや安定性が定まってないため、ファックスに関しては保障がありません。ですのでip電話でファックスを使用する際に起こりうる可能性を念のため記載しておきます。

ip電話では普通の電話と違うところは、パケットにて音声データを送信しますので、データの欠落だったり遅延がおこる可能性があるそうです。なのでそうなると、通話ではなく、ファックスのやり取りでミスが起きる可能性も出てきます。その場合はISPの方より、ip電話に使い方でファックス送信がうまくいかない場合はNTTの回線に切り替えて送信するよう推進する場合もあるそうです。

050ip電話は通話や通信の完全保障をしてるということはないそうなので普段使用している電話番号の0abcを割り当てられないみたいですね。

もしどうしてもファックスが必要という場合でしたら普通の回線をやめない方が無難です。普通の生活でならまだしもビジネスフォンとして仕事で使用する場合に余計な不具合が出てきたら変な混乱を招きかねませんので、ビジネスホンとしてip電話でファックスを使用するときにはきちんと購入前に使用の確認をとったりするといいと思われます。

IP電話は通話料が安い

 固定電話の通話料が安いIP電話のお話しをしたいと思います。IP電話を知っている人、知らない人それぞれいると思います。
 IP電話で良く知られているのが、「Skype(スカイプ)」や「ひかり電話」だと思います。これなら聞いたことがありませんか?
 私も仕事がらよくSkype(スカイプ)を通じて電話をすることが多いいです。なぜSkype(スカイプ)を使用して電話をするか、一番の理由は海外とのやり取りがすごく多いからです。海外に電話をすると、国際電話もかかりますので、信じられない請求書が私の手元、会社の手元に届いてしまいます。Skype(スカイプ)ですと、お互いSkype(スカイプ)同士だと通話料がかからないからがそれを使って電話をする大きな理由です。
 普段、電話をほとんどかけない人も、たくさん電話をする方も、どちらのかたにとっともお得なIP電話に活用方法をお伝えしていきたいと思います。
 
 IP電話は、電話回線を使った電話でないのは知っていましたか?インターネット回線を使った電話の事を言います。
 最近では、NTTのひかり電話や、Skype(スカイプ)などがIP電話で有名で、それらを使って電話をすると電話代を大きく節約することが出来ます。
 IP電話同士だったら通話料が無料だったり、日本全国3分8円ほどで通話料も格安です。
 ひかり電話の場合は、光電話に加入をしないといけないので、ちょっと面倒だと思います。気軽にIP電話を試したい場合は、Skype(スカイプ)を試してみて下さい。お手持ちのスマートフォンだったり、パソコンで電話をすることが出来ちゃいます。

固定電話を持っていなくても加入できる?!

 みなさんは、携帯電話を持っていますか?いまや、小学生でも持っている時代になってきましたね。知り合いの幼稚園の子と話しをしていたら、「携帯電話が欲しい。」と言っていました。それもやはりスマートフォンが欲しいと言っています。。。私は心の中で、幼稚園生がスマートフォン持って、一体どこに電話をするのだろう。。。と思いました。きっとその子はゲームをしたいだけでしょうね(笑)また、話しがづれてしまいましたね(笑)
 携帯電話は、当たり前のように持っていますよね。携帯電話の普及によって、固定電話をほとんど使わなくなり、解約してしまったっというご家庭も少なくないのではないでしょうか?
 私の家は自営なので、家には固定電話があります。しかし、一般のご家庭は、別に固定電話がないと絶対にいけないというわけではありませんよね。なので、固定電話の数が減少していってしまったのではないかと思います。

 しかし、固定電話をこ購入した場合、一般電話を新たに引くのはお金もかかるし。。。と思っている方には朗報です!
 IP電話です!!IP電話は、NTTなどの一般加入電話の回線との併用はできるのはもちろんですが、携帯電話しか持っていない人でも、ブロードバンド環境さえあれば固定電話としてIP電話をもつことが出来るのです!携帯電話しか持っていなくて、ちょっと不安だな~っと思っている人にはぴったりですよね!
 ADSLや光ファイバーなどの環境があれば、IP電話番号の050番を取得することがきて、固定電話としても問題なく、IP電話を利用することが出来ます!

富士通ビジネスフォンのIP Pathfinder

富士通のビジネスフォン(ビジネスホン)の商品紹介として、IP Pathfinderは、バックアップサーバをリモートサイトに配置することにより、ネットワーク障害時、サテライト内の業務への影響を最小限にすることが可能です。また、富士通のビジネスフォンの商品紹介としてIP Pathfinderのシステムの二重化高速バックアップ切り替えがあります。これは、SIPプロトコルにて高速切替を実現しています。そして、システム停止時間が大幅に短縮されて、システム障害時の業務において影響を最小限にすることが可能になっています。

また、IP Pathfinderは、富士通独自開発のエコーキャンセラを搭載しているようです。VoIPネットワークでは、エコーが問題となりやすく、エコーキャンセラの性能が音質を左右しています。IP Pathfinderのエコーキャンセラは、ダブルトーク状態のエコーに強くて、実際の会話で高い効果を発揮していきます。また、SIPシステム停電に対応しています。ISDN回線を収容できる停電対応SIP電話機の利用によって、SIPシステム停電時のコミュニケーションを確保していきます。

通常時は、SIP電話機として動作し、停電時は、ISDN対応電話機として動作していきます。また、停電用回線は、ISDN回線を使用していきます。そして、PB/20DPは、電話機底面のスイッチで切替が可能になってきます。このほか、PSTNゲートウェイでは、簡易バックアップサーバ機能を具備しており、ネットワーク障害発生時に内線相互通話、外線とのライフラインを確保が可能です。また、富士通のビジネスフォンの商品紹介として、IP Pathfinderは、マルチプロトコル対応になっています。

IP電話のデメリット

今回は、IP電話のデメリットについて、あえてお話をしようかと思います。

どんなサービスにも、必ず何か別のサービスと比べた場合、メリットとデメリットというものが存在します。
このサイトで紹介しているIP電話も然りというやつです。
電話と言うのは、企業様の生命線といっても過言ではないサービスであり、また毎月のコストにも響いてくるサービスであると思いますので、今回はこんなにもいいIP電話サービスのあえてのデメリットもご紹介したいと思います。

1.インターネットが使えなくなると、IP電話も使えなくなってしまいます
IP電話は、あくまでインターネットのオプションサービスです。ですので、大元のインターネット自体が、何らかのトラブルで使えなくなってしまった場合、IP電話も使えなくなってしまいます。
これが、電話回線という物理的なサービスとの大きな違いです。
※電話回線を使った電話は、インターネット回線とは関係がありませんので、止まりません

2.かけられない電話番号がある
IP電話には、かけられない番号があります。
下記はあくまで、イメージですが、、、
IP電話は、あくまでインターネットの世界で繋がっているサービスです。
これは、電話回線でつながっているネットワークとは全くの別の世界です。
ですので、別の世界にある電話番号にはコンタクト取れませんよね?だからです!!!
。。。これは、本当に初期の段階でのイメージです。今では、かけれる番号はどんどん増えています。
本当に初期の頃には、110番や119番にもかけれなかったとか。。。

大きくは上記の2点ですかね?
でも、それ以上の(?)コスト削減という大きなメリットがあるのも、IP電話です。
電話は色々ありますので、本当によ~く考えてから選ばれてください(*^^)v

IP電話で料金が安くなる?!

 「電話代が安くなる!」これを聞いてちょっと反応しちゃいませんか?私は安くなるならちょっと反応してしまいます。ムダなコストは極力下げたいのはみなさん同じですよね?
 今回は、IP電話を導入することによって通信コストを下がられるかもしれないというお話しをしていきたいと思います。

 IP電話は電話の通信をインターネットを利用しておこなうサービスなのは、なんとなくご存知ですよね?光ファイいばーやADSLなどブロードバンドで使い放題のインターネットをご利用の方はすごく多いと思います。
 そのインターネットが普及したことのよって音声通話がおこないことが出来るIP電話も普及を続けているのです。
 電話する(通話する)相手の距離により電話の料金が変動していた今までの電話料金体系とは全く異なります。
 IP電話では全国一律の電話料金体系のサービスがとても多く、県をまたぐ通話が多い会社にとっては月々の電話料金を低減できる可能性があります。
 「インターネットを使用して電話する。」本当に大丈夫なの?音声はちゃんと聞こえるの?と言った疑問をお持ちの方ももちろんいらっしゃると思います。
 私も以前IP電話を使用してみたことがあります。すごくクリアに相手の声も聞こえていたので、あまりそういった心配は必要ないのかな~と個人的には感じました。IP電話ではないのですが、インターネットを使用して通話のできるSkype(スカイプ)で心配の方は試してみるのもいいかもしれません。すごくクリアに聞こえるので、ぜひIP電話の導入も検討してみてはいかがでしょうか?