IP電話のファックスの注意点

ip電話というビジネスフォンも最近は世の中に浸透していますね。仕事用に使うビジネスフォンなので使い勝手や電話料金の面でもメリットを感じる方々が増えてきている証拠でしょう。ip電話は電話なので電話に関してはあまり問題はないとは思いますが、ファックスに関しては注意する点があるようです。そもそもインターネット接続のプロバイダーが行っているサービスなので、固定電話と比較するとやはり回線のクオリティーや安定性が定まってないため、ファックスに関しては保障がありません。ですのでip電話でファックスを使用する際に起こりうる可能性を念のため記載しておきます。

ip電話では普通の電話と違うところは、パケットにて音声データを送信しますので、データの欠落だったり遅延がおこる可能性があるそうです。なのでそうなると、通話ではなく、ファックスのやり取りでミスが起きる可能性も出てきます。その場合はISPの方より、ip電話に使い方でファックス送信がうまくいかない場合はNTTの回線に切り替えて送信するよう推進する場合もあるそうです。

050ip電話は通話や通信の完全保障をしてるということはないそうなので普段使用している電話番号の0abcを割り当てられないみたいですね。

もしどうしてもファックスが必要という場合でしたら普通の回線をやめない方が無難です。普通の生活でならまだしもビジネスフォンとして仕事で使用する場合に余計な不具合が出てきたら変な混乱を招きかねませんので、ビジネスホンとしてip電話でファックスを使用するときにはきちんと購入前に使用の確認をとったりするといいと思われます。

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)